スポンサードリンク
+++++

アレルギー性鼻炎の原因やら症状やら治療やらについて

アレルギー性鼻炎の原因や症状、治療法が知りたい人に役立つ情報…

スポンサードリンク
***

アレルギー性鼻炎とは…どうしてなっちゃった?

で悩んでいる人、多いですよね。
でも、アレルギー性鼻炎というワードで語られるようになったのは以外と最近の話。
昭和の時代はあまり「」なんて言われませんでした。
では、当時アレルギー性鼻炎は全くなかったのか?というとそうではなく
つまりは「アレルギー性鼻炎」という言葉じたいがあんまりポピュラーではなかったので
耳鼻咽喉科の病院に行っても「アレルギー性鼻炎」との認識が
あまりなかったのではないか…と思われます。
実際、わたしは子供のころず〜っと鼻炎で
つまり鼻たれ小僧でした。
今にして思えば、「アレルギー性鼻炎だったかも」
と思うところもありますが
当時は、蓄膿症だとか蓄膿症のなりかけだとか副鼻腔炎だとか…
そんなふうに言われたりしました。
一時は「手術しないと治らない」みたいに言われたこともありましたが
大人になってみれば、自然に普通になっています。
(で、今また花粉症=これもアレルギー性鼻炎、になっちゃいましたが)
もしあの当時、今と同じような認識が社会的にあったら
「アレルギー性鼻炎」って言われた症状もあったと思います。
さて、アレルギー性鼻炎=鼻アレルギーなどとも呼ばれます。
アレルギーというからにはがあります。
どんなものかというと、、カビ、ダニ(その死骸やフンも)、
などなど…そして近年とても代表選手に名を上げている
さらにはなどもあります。
これらが吸引され、体はそれを「有害な異物」とみなしますから
それを「外へ追い出そう」としりわけです。
これがくしゃみや鼻水、鼻づまりという症状になるわけです。
アレルギーの大もとになっている身体に働きは
外から体内に侵入しようとする異物(バイ菌とか)を排除する
いわば体が生き残るために必要な免疫反応です。
ということで、この免疫反応自体を責めるわけにいきません。
つまり、免疫機能をわざわざ下げるような療法は
本来的によい治療法とはいえないわけです。
だから一般的な対策としては、アレルゲンつまり、抗原物質を
身体から遠ざける、ということです。
アレルギー性鼻炎の抗原は、さきほども記しましたが
ホコリ、ハウスダスト、カビ、ダニ、黄砂、花粉、煙などですが
これが鼻の中に入らないようすにすということです。
いちばん手っ取り早いのがマスクですね。
最近は、花粉用、風邪用など、目的別に売られたりしています。
これは、それぞれどの大きさの異物まで通すかで
素材が使い分けられているからです。
また、室内や車内などでは空気清浄機が考えられます。
室内の空気に漂うホコリ、ハウスダスト、カビ、ダニ、黄砂、花粉、煙
などをフィルターなどでろ過してきれいにするわけです。
首からぶらさげる携帯型の空気清浄機…この場合
マイナスイオン発生器といったほうがよいでしょうか
そういうアイテムも少々高価ですが役にたちます。
中には、アメリカのテロ事件の時、たんそ菌感染を防ぐために
公務機関の人たちも使ったという品もありますが
それも確か首掛けタイプのマイナスイオン式でした。
ところで、今は昔ほど鼻たれ小僧が少なくなっている気がします。
そういう意味では、子供は昔のほうが鼻炎っ子だったようにも思えます。
それが、今、大人がアレルギー性鼻炎で苦しんでいる。
アレルゲン=抗原の過剰な曝露(あびること)がアレルギー疾患の原因ともいわれますから
昔にくらべてあきらかに増えていると思われる
花粉や黄砂などがやはり大きな原因なのでしょうね。

アレルギー 鼻炎 アレルギー性鼻炎 アレルゲン ハウスダスト 黄砂 花粉


アレルギー性鼻炎の原因やら症状やら治療やらカテゴリー項目一覧

▼ アレルギー性鼻炎基礎知識

● アレルギー性鼻炎とは…どうしてなっちゃった?

Google

▼もしナニか商品をお探しの場合はこちらから検索できます。