スポンサードリンク
+++++

ケミカルピーリングとはなにか?について

ケミカルピーリングは、もはや美肌コースの定番メニュー。エステサロンや皮膚科・皮フ科クリニックなどでも広く行われています。ではケミカルピーリングってどんなやり方なの?に応える情報ブログです。

スポンサードリンク
***

ケミカルピーリングとは?

ケミカルとは…?

ピーリングとはお肌表面の老化したなどを
さまざまな方法で削り取るです。
もともとピーリングには「皮を剥く」という意味があります。
ケミカルは化学的なという意味ですからケミカルピーリングとは
化学的な方法で皮をむく、ということになります。
さて、知らないうちに皮膚には堆積した不要成分や汚れが付着しています。
ケミカルピーリングは、それをすっきりさせるわけですから
それだけでも顔色がすっきりとしたりします。
また、汚れが取れることで清潔になるわけで
肌のトラブルの原因となるものも一緒に取り去れると考えられています。
それだけでなく、ケミカルピーリングによって老廃物がすっきりすることで
肌の生まれ変わり、すなわち肌のターンオーバーが
自然に促され、健康的でぴちぴちした肌を目指せるともいいます。

さて、ピーリングには大きくわけて
があります。
物理的ピーリングとは、読んで字の如し
お肌専用のやすりやカンナで肌表面を削り取る方法。
一方で、ケミカルピーリングとは
ケミカル=つまり化学的な物質・薬剤などで
皮膚表面の角質などを剥離させるやりかたです。

そのケミカルピーリング、薬剤には酸性の化学物質が用いられます。
欧米では、欧米人の肌の質のせいでしょうか
あるいは、その要求する目的のせいでしょうか
美白目的やシワ対策として強い酸を用い
皮膚の深いレベルまで作用するピーリングも行われているようです。
しかし、日本の場合はわりとソフトなケミカルピーリングが主流のようです。

元来、「酸によって人体の一部を化学的に溶かす」というわけですから
その取扱いや方法、実際の運用にあたっては
専門的な知識と技術が必要なことはいうまでもありません。

さて、実際のケミカルピーリングにあたって用いられる薬剤の成分ですが
有名なところではとも呼ばれるAHAです。
これはアルファヒドロキシ酸のことで、さらにその具体的表記になると
とか乳酸ということになります。
他に、やフェノールなども使われることもあります。
今、日本の病院・美容外科・エステサロンなどで使われるものの多くは
この中でグリコール酸を使ったピーリングです。
その酸の強さや濃さ、塗布する時間などは
どのくらいの深さのケミカルピーリングをするかによって変わります。
もちろん専門家と相談してやってもらうにこしたことはありません。
時に、専門的サロンでの施術でも
逆に肌があれたとか、いう声を聞くこともあります。
できれば「ぶっつけ」で行うのではなく
ケミカルピーリングについてそれなりに知識を収集してから
行ったほうがよいのではないかと思われます。
また、ケミカルピーリングを行うとしたら一回ですむわけでなく
何回か通うことになると思うので
交通の便などもポイントになるでしょう。

ケミカルピーリングとはなにか?カテゴリー項目一覧

▼ ケミカルピーリング基礎知識

● ケミカルピーリングとは?

Google

▼もしナニか商品をお探しの場合はこちらから検索できます。