包茎を手術で治療したい?について

包茎で悩んでいる、手術が必要か不安、自分で治療できる方法って…包茎についてのいろいろな疑問を調べちゃいましょう。

包茎ってどんな状態なの?

を手術でしたい?

いや〜、自分は包茎なのだろうか?
それともまあまあ普通のぶるいなのだろうか?
このままで幸せになれるのだろうか?
治療するとしたらどんなことするのだろうか?
ガンになりやすいって本当なのか?
っていうけど違いはどこにあるのか?
そもそも子供のころってみんな包茎じゃないか?

…ああ、わからないことだらけです。
しかも、なかなか人に聞けない。
図書館に行ってもどこを調べればいいかわからないし
本屋さんへ行っても恥ずかしくて本を買えない。
で、わからないことはわからないまま。
不安は不安のまま。
心配は心配のまま、ずっと抱いている。
ちょっと、まって。まあ、軽く勉強してみようじゃないか。
まず、「子供はみんな包茎?」
これは正解。そうなのだよ。
おちんちんの先を包む皮が亀頭さんと癒着している。
これが自然な状態。
これが育つにつれてだんだんとはがれていく。
だ〜いたい5歳くらいから18歳くらいまでのあいだにはがれる。
まあ、生まれたばかりの子供はみな真性包茎で
つまり、亀頭はほとんど露出していなくて
おしっこはできるけど性行為は難しい状態。
いいんです。新生児で性行為をする男子はいませんから。
さて、男子が成長すると少しずつ皮がむけるようになります。
おちんちんをいじったりしているうちに、皮をむくことをおぼえます。
けれど、意識してむかないかぎり、皮をかぶっています。
また、勃起時には亀頭が顔を出し性行為には問題ありません。
こういう状態を仮性包茎と呼ぶのですが
ほとんどの男性はこの仮性包茎です。
病気ではありません。ただ、ふだん皮をかぶった状態で
そこに恥垢がたまりやすいので、お風呂ではちゃんと洗いましょう。
でないと細菌が繁殖したり悪臭の原因になります。
はその真ん中くらい…。
つまり普段は皮かぶりで、勃起時にもなんとか亀頭が顔を出します。
だから性行為は可能で子供も作れるでしょ。
でも、皮の口がせまいので亀頭くんが窮屈です。
痛かったり、皮が切れたり、血行不良を起こしたりするおそれがあります。
これは皮を無理やりむくことで生じる事態なので
皮はすこ〜しずつむくようにしましょうね。
さてさて、ということで、世の中の成人男子のほとんどは
仮性包茎であることがわかりました。
それ自体はあまり深刻な問題ではなく、問題は臭いです。
つまり悪臭です。
これが女性に嫌われます。
まあ、ふつう、たいていの女性はきれい好きだし
「きたないもの」「臭いもの」をさわったりあそこに入れたりは
あまり望んでいません。
ということで、清潔にしましょう。
お風呂ではちゃんと剥いて洗いましょう。
亀頭の刺激にもなって、いろいろ好都合です。
カントン包茎で血行不良がおきている、成人になって真性包茎で
亀頭がまったく日の目を見ない、な〜んて場合は手術もありです。
あるいは仮性包茎の人でも、「完璧にむきむき」になりたいのであれば
手術という手もありでしょう。
それによって「自信にあふれた男」に生まれ変われるならばいいのではないでしょうか。
問題なのはそういうことが原因でうじうじしたり
引っ込み思案になったり消極的になったり
ひとつウツに入ってしまったりすることなのです。

包茎 真性包茎 仮性包茎 カントン包茎  治療

おすすめサイトリンク→手術や治療、メンズクリニックの情報なら包茎・治療|病院情報包茎の種類や治療方法や病院、手術などの情報サイト。

包茎を手術で治療したい?カテゴリー項目一覧

▼ 包茎の基礎知識

● 包茎ってどんな状態なの?

Google

▼もしナニか商品をお探しの場合はこちらから検索できます。