スポンサードリンク
+++++

交通事故のブログについて

交通事故、示談、慰謝料…イザという時に知っておきたい知識や相談内容とは?

スポンサードリンク
***

交通事故の定義とは?そして事故った時には?

…あたりまえですが、それは突然起こります。
「まあまあ」で済む事故も、に関係する事故も
「まさか」という状態で発生します。
あっ、このまま書き続けるまえに…
交通事故、広い意味では鉄道や船舶、航空機など
交通機関すべてに生じる事故を呼びますが
ここでは、自動車とかオートバイ、自転車や歩行者での事故、
いわゆる「」のことを交通事故と呼びますね。

ちなみに、交通事故の定義について、ウィキによれば
次のように記述されています。

********************************
交通事故の定義を定める根拠法令等には、

1)道路交通法:道路における車両等(自動車、原動機付自転車、軽車両、路面電車、トロリーバスの全て)の交通に起因する人の死傷又は物の損壊(道路交通法第72条)

2)自動車安全運転センター法:道路交通法第72条に定めるものに道路外で発生したものを含む

3)自動車損害賠償保障法:自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる。(自賠責法第3条)

4)厚生労働省疾病、傷害及び死因分類:基本分類コードV01-V99
などがある。一般的に「交通事故」といえば道路交通法上の交通事故を指す。

における事故を含むが、一般的には道路における自動車、自転車、歩行者などの間に発生した道路交通事故を指すことが多い。
*********************************

まあ、つまりは道路交通法が適用される道路のうえでの交通事故です。
だから、これ、重要ですが、それ以外の場所での交通事故には
保険がおりないことがあります。

さて、話をもどして、交通事故にあった時です。

いろいろ気持ちも動転しているでしょうけれど
怪我人がいれば、その救命に最善を務めなければなりません。
これは人間として当たり前のことであるだけでなく
もしあなたが加害者だったときには、法的にもとても重要視される点です。
具体的にいえば、その行為()をする前に、職場に電話をしたことで
罪が重たくなった人もいます。
そして、まず、へ知らせます。
人身事故であるなしにかかわらず
当事者だけでなく警察という第3者の立ち会いで
現場の確認をすることが大切です。
また、警察への届け出がなければ、
あとになって交通が必要になっても
発行されません。
それから、その時、大丈夫だと思っても
病院や医師の診断を受けておいたほうがよいです。
軽傷だと思っていて、あとになって重傷だったことがわかることもあります。
興奮してアドレナリンが出ている時、人間は痛みに鈍くなりますから。
あと、保険会社への連絡もしておきましょう。
どうしたらよいか、どのようにふるまったらよいか
担当者が教えてくれることでしょう。
もし不安ならば、区や県の交通事故相談などを受けるのも手です。
公共の相談所は無料ですし…。

交通事故のブログカテゴリー項目一覧

▼ 交通事故にあった時

● 交通事故の定義とは?そして事故った時には?

Google

▼もしナニか商品をお探しの場合はこちらから検索できます。