スポンサードリンク
+++++

脂肪注入でキレイにについて

脂肪注入ってどんなことするの?が早わかり。バストアップ、豊胸、まぶたの整形などにも使われる手軽な治療です。

スポンサードリンク
***

脂肪注入ってナニ?

する…よく聞くセリフかもしれません。
それほどは一般的な施術として認識されているのではないでしょうか。

たとえばバストアップしたい、おっぱいを今より大きくしたい
というような場合、胸の中にシリコンなどを入れる豊胸術があります。
けれど、いくら医療用の無害なシリコンだとしても
「身体」からしてみれば「異物」なわけです。
そこで注目されたのが「脂肪注入」です。
これは、自分の体の中の余分な脂肪分をちょっと取って
それを「ふくらませたい部分」に注入するのです。
つまり、この注入の場合は、もともと自分の体の一部なので
そんなに「身体」はびっくりしないわけです。

「脂肪注入」というと美容整形のための技術のようですが
もともとは体組織の移植なわけです。
例でいえば、火傷でダメになった皮膚に
別な部分の自分の皮膚を移植して治療する…
そんな感じです。
で、脂肪移植ということでいえば、
尿道の周囲に注入して尿漏れを防ぐとか
他の手術のときに神経が傷つくのを防ぐために打っておくとか
通常の治療行為の中でも使われています。
その技術が美容目的でも使われるようになってきたのが昨今の事情なわけです。

さて、脂肪の注入は、希望に応じてさまざまな部位にできます。
バストはその代表例ですが、その他にも瞼(まぶた)とか
アゴ、ほほ、脚や腕などです。

それでは、脂肪を取りだす場所は、どんな部位でしょうか。
それは、お腹とかお尻など、つまりは
まあ、自分の脂肪が比較的「余っている」場所です。
そこから医療用の特別な注射器で吸引し、
それを生理食塩水で洗浄。
バストやまぶたなど、施術を行う部位に、すこしづつ
形を整えながら注入していきます。
メスを使った切開もなく、
ケースによっては日帰りでも可能な施術なので
「手軽」「簡単」というイメージがあるわけです。

メリットとしては、まず、手軽で簡単ということ
それから、自分の脂肪を材料にするわけなので
アレルギーや拒否反応などの心配がないこと。
また、皮膚を切開するわけではないので
傷あとも残りません。

ただ、脂肪を吸引した部分は
術後、痛んだりするようです。

ところで、この脂肪注入とをセットで行う
いわゆる手法も行われるようになっています。
うまくやれば一石二鳥ということでしょうか。

仕上がりの良し悪し、などはクリニックや医師のもつ
技術やノウハウによることが多いので
その点は注意してリサーチしておくほうがよいと思います。

脂肪注入でキレイにカテゴリー項目一覧

▼ 脂肪注入の基礎を知る

● 脂肪注入ってナニ?

Google

▼もしナニか商品をお探しの場合はこちらから検索できます。