スポンサードリンク
+++++

脂肪溶解注射ってすごい!について

脂肪溶解注射=メソセラピーは脂肪吸引より手軽?簡単?話題の脂肪溶解について最新情報をゲット。

スポンサードリンク
***

脂肪溶解注射ってナニ?

…よく耳にするようになりました。
」と言われたりしますが
実際、溶解剤の入った液薬注射を打つだけですから
普通の脂肪吸引手術とくらべれば
かなりお手軽に受けることができるのは事実。

「脂肪吸引は興味があるけど
手術はともかく手術後は痛いっていうし
なんといっても怖い…」

という方には実にぴったりの方法かもしれません。

ところで「メスを使わない脂肪吸引」と言いますが
「溶解」の場合、「メスを使わない」のは事実だとしても
原理は「吸引」とは異なります。
「脂肪溶解」によって「吸引」と同様の効果が得られるかというと
それは、原理もまったく違うわけですから
まったく同じということにはならないと思います。
局部的に脂肪を減少させることに関しては、「溶解」でも
まあ同様(でも同じじゃない)だと考えてもよいでしょうが…。

さて、脂肪溶解は、肉を溶かすとされる薬剤()を
皮下脂肪に対して注射することで行われます。
使われる薬剤はホスファチジル-コリンという成分が知られます。
これは大豆レシチンの成分であり、納豆や豆腐などにも含まれているとか。
で、このホスファチジル-コリン、もともとは高脂血症や脂肪肝などに
用いられていた治療薬でした。
この薬剤を注射すると脂肪が溶け出し、溶けたそれは
やがて血液にとりこまれて尿や便として排出されるのです。
もともとは病気の治療目的で使われていたのですが
90年代…ちょうど日本で脂肪吸引が話題になってきたころですね
その時代には、脂肪減少目的での作用がおもにアメリカで知られるようになり
だんだんと日本でも行われるようになったのです。

また、このと呼ぶこともあります。
どうしてかというと、もともとビタミンや薬剤、植物抽出液などの
皮内・皮下注射のことをメソセラピーと呼ぶのだそうです。
その形態が同じことから、日本では脂肪溶解注射をメソセラピーとも
呼ぶようになったのではないでしょうか。

ところで、脂肪溶解注射がどのくら効果を発揮するか…
それについては、薬剤の濃度をどのくらいに調整し
何本くらいの注射をどれだけの頻度でうつか、という
つまり、「濃度」「本数」「頻度」によって作用が変わるわけです。
このさじ加減で、効果が上手に出たり、まったく出なかったり
あるいは安全性を損ねたりすることもあるわけです。
逆に、ここの部分のノウハウがとても大切と言えるでしょう。

最近、そのあたりのノウハウや技術体系がだんだんと
確立されてきてる…とはいうものの、
まだまだ現場の医師の経験則に基づいて行われていることから、
皮膚科医や形成外科医の専門家の間でも
その有効性や安全性について、まだ疑問視する声もあるそうです。

ということで、どれくらいの負担で(経済的負担もふくめ)
どれほどの効果を得ることができるかは
それぞれのクリニックなどによって差異がありそうです。
いろいろど情報収集をしてから臨みたいものですね。


脂肪溶解注射ってすごい!カテゴリー項目一覧

▼ 脂肪溶解基礎知識

● 脂肪溶解注射ってナニ?

Google

▼もしナニか商品をお探しの場合はこちらから検索できます。