スポンサードリンク
+++++

天気予報の情報について

天気予報っていっぱいある。でも全部が同じじゃない。今の自分が欲しい天気情報はどこで手に入るんだろう…。

スポンサードリンク
***

天気予報の歴史って??

人間は…というか、人類は、によって大いに左右されます。
ならは、明日の作業はどうするか?
ナニをどう植え付けたらいいか?
今年の収穫はどうか?
ならば、明日は漁に出られるのか?
何日漁に出ていられるのか?
遠出のは平気だろうか?

畑を耕す人、魚を捕る人、旅をする人、航海をする人、
みんな誰もが天気からは逃れられません。
だから、は太古からありました。
古代バビロニア人は、雲の様子から天気予報してたそうです。
紀元前600〜700年ころの話です。
また、有名はに基づき
天気のパターンを導こうとしたそうです。
このあたりが、今の天気予報の原型でしょうか。
しかし、多くはローカルな経験則に基づく
たとえば「夕焼けが赤かったら明日は晴れ」
というレベルの天気予報でした。
それらのいくつかについては
「そうなる確率が高い」ことが
現代の科学的解釈をあてはめて解析されていますが
広範囲の気象情報をもとにした、いわゆる統計学的天気予報は
長い期間、存在しなかったのです。

それが=つまり近代的な天気予報の萌芽がみられたのは
1800年代の「」によってです。
この発明によって、人類は「風や雲よりも速い」情報手段を持ったのです。
この時代になり、やっと科学的天気予報の試みが認められ
英国艦隊もその情報を参考にするようになったそうです。

天気予報が次のレベルにいくのは20世紀。
大気の変化についての研究結果を取り入れ
数値によって予報・予測する手法が提示されました。
そうして進歩してきた天気予報は
現代になってさらに大きく進歩します。
それは人工衛星とコンピューターによってです。

今、人類は「神と同じ視座」を手に入れ
しかもその情報を、「人間の脳の限界以上の速さ」で
計算、分析する手段を手に入れています。
おかげで、現在の天気予報のは80%だといいます。
(競馬の1番人気の連帯確率もおなじくらいでしたか…)
そしてこれから大切になるのはでしょう。
今年の冬がどうなる?
今年の夏は暑くなる?

来年は?
5年後、10年後の地球はどうなっている?
こういったより長期で広範囲にわたる
正確な天気予報が求められるようになるでしょう。
まだまだ進歩してもらいます。


Google

▼もしナニか商品をお探しの場合はこちらから検索できます。