雑穀ごはんは豊富な栄養効果が注目され、はなまるマーケットやガイアの夜明けTVなどでも話題です。レシピのリクエストランキングなどにも挙げられ、やずやをはじめ通販などの販売量も伸びています。ダイエットや便秘が気になる方による口コミ情報も雑穀米の人気に油を注いでいるようです。

雑穀米の効果を詳しく知る前に…

    ■こんな方は十六雑穀を試す価値があります。
  • 子供の健康が心配

  • 玄米や雑穀はパサパサしてるからイヤ

  • 美味しい雑穀米なら食べてみたい

  • 雑穀米は料理が面倒そう

  • 栄養のバランスが気になる


     十六雑穀はかなりイイらしい…その理由は?
矢印矢印矢印

おいしい雑穀ごはんなら「やずやの発芽十六雑穀」

やずやの発芽十六雑穀

雑穀に含まれる栄養がもたらす効果って?

雑穀とはなにか??

雑穀がいまやちょっとしたブームになっていますが、そもそも雑穀とはなんなのでしょう?
「粟」とか「ひえ」のこと?
もちろん、それも雑穀の仲間ですが、他にもいろいろあります。
「粟」とか「ひえ」はイネ科の雑穀類。
ほかには「吉備団子」の「キビ」や「とうもろこし」「たかぎび」「ハトムギ」なども入ります。

また、イネ科以外の豆類だと「大豆」や「小豆(あずき)」、「菜豆」なども仲間のうちですね。

さらにさらに、擬穀類として「そば」や「キヌア」、油糧穀類としては「なたね」や「ごま」「ヒマワリの種」なども入ります。

ひとくちに雑穀といっても、とてもたくさんの種類がありますね。

それでは、それら雑穀の特長とはなんでしょう。
その栄養の含有特性から、主食として用いられることが多いということです。
ただ、日本の場合、あまりにも美味しい穀物である「お米」があります。
そのため、現代の日本ではあまり見向きされなかった傾向があります。
だって、お米の美味しさを知ったら、他の穀物のパサパサ感とか、「ちょっと」と感じることでしょう。

雑穀に含まれる栄養がもたらす効果って?

そんな雑穀が今、見直されている…どころか、ちょっとしたブームなのです。
なぜかというと、やはり雑穀に含まれる栄養効果です。

たとえば、雑穀類には一般的に食物繊維が豊富だとされます。
食物繊維といえば、お通じによいとされていますから、便秘が気になる人にとっては、やはりひかれますよね。
さらに、雑穀にはビタミンB群、ナイアシン、葉酸、ミネラルなども豊富。
歯ごたえもあるから、それなりにちゃんと噛んで食べることになり、そのことが満腹中枢を刺激することとなり、暴食・飽食を抑制することにもつながるかも、だそうです。
あれ、これって、ひょっとしてダイエットにも効果あるかも…ですね。

ただ、いろいろ優れものの雑穀ですが、あくまでも「食べ物」です。
ですから、それに「お薬」や「特保」のような効果・効能を求めてはいけません。
あくまでも毎日の食習慣の中で、栄養バランスをサポートしてくれると考えておけばよいでしょう。



矢印矢印矢印

おいしい雑穀ごはんなら「やずやの発芽十六雑穀」

やずやの発芽十六雑穀

【雑穀米の効果】コンテンツ抜粋

[雑穀米の効果]ページトップへ↑
RSS